読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイル旅行記

ハピタスを利用してANAのマイルを年間21万マイル以上貯めています

2016年 ペナン島といえば屋台&マッサージ 1日目

今回もマイルを使ってマレーシアのペナンまでANAビジネスクラスエアアジアで旅行に行きましたが、今回は街並みをレポートします。

 深夜便でのフライトだったということもあり、チェックイン後2時間程部屋で寝てしまいました。辺りはすこし暗くなってきています。

 

ペナンと言えば、屋台ということですので、散策を兼ねて屋台に行きます。

正直、このバトゥフェリンギというビーチ沿いの街並みはとてもローカル色が強いところです。道路沿いは夜になると露店が所狭しと出されますが、それまではシャッター商店街のような感じです。夜18時以降に動き始めるという感じみたいです。

f:id:uamiler:20161217165144j:plain

なんとなく懐かしいにおいがするコンビニです。ここはATMがありますよ。

f:id:uamiler:20161217165157j:plain

夕暮れと共にライトアップされ始めました。

f:id:uamiler:20161217165238j:plain

 

ここはマッサージ店ですが、あまり上手ではありませんでした。

1時間で1,500円ほどだったとおもいますが、痛いといってもまだゴリゴリ痛いところを押してきます。しかもスマホでサッカーを見ながら施術します。こうゆう適当なところが東南アジアの良いとこでもありますが。

f:id:uamiler:20161217165253j:plain

 

その隣にある屋台街に行きます。良い感じでいえば、オープンカフェなフードコートという感じでしょうか。

f:id:uamiler:20161217165309j:plain

中はこんな感じです。自分で好きなところの席を取ります。中央が座席で、その周りを囲むように屋台が何十軒かあります。ローカルは当然のこととして、意外に欧米人が多かったですね。日本人は見かけませんでした。

f:id:uamiler:20161217165321j:plain

 

席に座ると店員らしき人がドリンクの注文を取りに来ます。

タイガービールを注文。じつはペナンはビールの値段が高くてこのサイズで500円程です。日本と変わらないですね。タイなら何杯飲めるのかなぁって考えてしまいます。ビールが届いたら、持ってきてくれた人に支払います。チップは不要です。

f:id:uamiler:20161217165338j:plain

屋台での注文の仕方です。まずは自分が座ったテーブルの番号を覚えます。

マレーシアはどこでも大抵英語が通じますので、英語でオーダーするか、メニューを指さして食べたいものを注文すると、店員さんがテーブル番号を聞いてくるのでそれを伝え、テーブルに戻って待機。料理が出来上がるとテーブルまで持ってきてくれますので、そのタイミングで支払いをします。あたりまえですが、屋台なので現金しか使えません。現金がない時は先ほどのコンビニで現金をおろせばOKです。

海外でのキャッシングの仕方は別記事にしますね。

 

シーフードが食べたいということでエビを注文し、今回はバーベキュー味にしました。大きいのが良かったのですが、このサイズしかありませんでした。8尾ほどで800円ほどです。

f:id:uamiler:20161217165355j:plain

サテーです。こちらは125円。辛くありません。

f:id:uamiler:20161217165408j:plain

ペナン名物、ラクサ。うどんのような麺にレモングラスなどの香味が入っています。

これも125円。

f:id:uamiler:20161217165423j:plain

チャーハン的なものです。これも125円。

f:id:uamiler:20161217165441j:plain

 

こんなかんじでどの屋台でも大抵、125円で売り出されてます。どれもおいしかったですよ。こう考えるといかにビールが高いかですね。タイと違ってどれも辛くないので、東南アジアが好きで辛いのが苦手な方にとってマレーシアはおすすめになると思います。

それでは~