読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイル旅行記

ハピタスを利用してANAのマイルを年間21万マイル以上貯めています

国内線特典航空券を狙うならANAやJALよりユナイテッドがお得

特典旅行に関する朗報メールがユナイテッド航空から届きました。

以下に抜粋します。

---------------------------------------------------------------------

マイレージプラスではこの度、提携パートナーのANAを利用する

日本国内線の特典航空券の引き換えに必要なマイルを大幅に

引き下げました。2015年6月2日より、飛行距離が800マイル

以下の国内線の区間は片道につき5,000マイレージプラス特典マイル、

飛行距離が801マイル以上の区間については片道につき8,000マイル

で特典航空券とお引き換えいただけます。東京からご出発の場合、

800マイルを超える区間は沖縄(那覇・石垣・宮古)のみとなり、

ほとんどの区間は5,000マイルで特典航空券のご利用が可能です。

これは、従来に比べるとわずか半分のマイルでご利用いただける

ことになります。

ANAを利用する日本国内の特典旅行のご予約は、ご旅行日から60日

以内、かつ4日前までにご予約いただく必要があります。また、

ご旅行日から20日以内のご予約は予約手数料の対象となりますので、

ご注意ください。

特典旅行のご予約はunited.comでお申し込みいただけます。

往復旅程でうまく検索出来ない場合は、片道検索をご利用ください。

---------------------------------------------------------------------

東京から札幌、鹿児島などは往復で1万マイルということです。東京から沖縄は往復1万6千マイルということです。

さてJAL国内線特典航空券の必要マイル数はというと・・・

東京:大阪 名古屋 秋田 山形 小松  は通常マイルが12000マイル区間ですが、JALカード割引を使えば往復9500マイル区間になります。

東京: 札幌 福岡 沖縄 女満別 旭川 釧路 帯広 函館 青森 三沢 南紀白浜 岡山 出雲 広島 山口宇部 徳島 高松 

高知 松山 北九州 大分 長崎 熊本 宮崎 鹿児島 奄美大島JALカード割引を使っても11500マイル区間になります。

つまり東京:大阪 名古屋 秋田 山形 小松 以外の区間の特典航空券を狙うなら断然ユナイテッドのほうがお得ということです。

ではANA国内線特典航空券の必要マイル数はというと・・・

ANAの場合は東京 ⇔ 秋田、庄内、仙台、新潟、大島、八丈島、富山、小松、能登、名古屋、大阪 はローシーズンでも往復1万マイル必要です。

ただひとつ断然お得なのは東京 ⇔ 沖縄 のローシーズンを利用することです。往復14000マイルで発券可能です。(2015年は1/6~2/27、4/1~4/23、11/30~12/22)

基本的にはANAの国内線を狙うならユナイテッドのマイルを使って国内線特典航空券獲得を狙ったほうがお得ということです。

あとはブリティッシュのマイルをためてJALで利用する場合は飛行区間が650マイル以下ですと往復9500マイルで発券することが可能です。このマイルを貯めるならアメックスでポイントを貯めてそれを移行するという方法ですが、ポイント移行時にポイント移行手数料がかかりますのでお勧めしません。

まとめると、国内線特典航空券は基本的にユナイテッドのマイルをANAで利用するのがお得ということです。

マイレージプラスJCBゴールドカード(初年度無料)に入会すれば100円で1.5マイル貯まります。またハピタスからマイレージプラスセゾンVISAやマイレージプラスJCBカードに入会すれば入会特典マイルとハピタスのポイントが付きますので、ユナイテッドのマイル&ANAマイルが貯まるというお得を味わえますよ。